糖尿病に配慮した食事献立-糖質量は120g/日目標で!

糖尿病で入院していた病院の看護士に、糖尿病患者が病状悪化で再入院する比率はどれくらいかと来てみたら「だいたい80%」と言っていた。

この比率が正しいかどうかの議論は置いておき、退院してもまた再入院する患者が多いのは間違いなく、血糖値管理が如何に難しいかを示唆していると思う。

従って、家内への食事管理の重要性を痛感し、真剣に取り組んでいかねばと思いました。

スポンサーリンク

糖尿病患者の糖質一日摂取量は?

糖尿病患者が血糖値をコントロールするために、一日のどれほどの糖質を摂取して良いかは、幾つかの論文が発表されています。

・アトキンスダイエット:糖質40g未満(20-40g)/日
・Bernsteinの定義:糖質130g以下/日
・北里大学研究所山田悟先生 : 糖質1日130g以下/日、40g/食

これらは見てみると概ね一日の糖質は約120g、40g/一食が目安になります。

以上から家内への食事もこれをベースに献立を作り、食べさせるようにします。

実際の食事献立(糖質g)

退院後の最初の食事-8/31(夕食) 

・ご飯87g(32)
・納豆1パック(2.7)
・ブリの照り焼き(0.5)
・カボチャの煮物2切れ30g(2.5)
・サラダ:トマト30g(1.8)、キャベツ20g、(0.5)
・豆腐少々
・大根の味噌汁(0.5)

糖質合計≒41g

ほぼ目標の40g/一食にしました。

退院2日目の食事献立

9/1(朝食)の献立

・低糖質パン1個(2.3)
・低糖質ジャム20g(1)
・スクランブルエッグ(0.2)
・サラダ-トマト1/4(1.8)、ブロッコリー()
・マヨネーズ&キャベツ
・紅茶1パック&牛乳少々(2.5)

糖質合計≒約10g

朝食の糖質は少なすぎましたが、食べた量はそこそこあり家内は満足したようです。

次回から糖質量のバランスをもう少し良くしたいと思っています。

9/1(昼食)の献立
・卵巻き寿司-ご飯50g(18.5)、卵2/1個(1)
・いなり寿司1/2個-ご飯20g(7.4)、油揚(0.2)
・五目ごはん36g(13.4)
・しじみ味噌汁(2.6)
・ヤクルト(5.5)

糖質合計≒約50g

家内はもっと食べたかようですが、きつく言って抑えましたが、これからも我が儘が出てくる感じがしました。

さっそく家内の我が儘と私のきつい言葉がぶつかり、娘が仲裁に入りました(汗)

9/1(夜食)の献立
・カレーライス-ご飯80g(29.6)、カレールー20g(8)、ジャガイモ36g(5.8)、ニンジン18g(1)、
 鳥肉20g(0)
・メンチカツ58g(5.6)
・サラダ-レタス少々&マロニー20g(3)
・菊芋パウダー(0)

糖質合計≒53g

これも糖質がやや多め、次回のカレーはメンチカツとジャガイモを1切れづつ減らそう。

退院3日目の食事献立

9/2(朝食)の献立
・糖質ひかえめブレッド2枚(12)
・目玉焼き1個(0.2)
・コンビーフ32g(0.7)
・サラダ-トマト1/4(1.8)、ブロッコリ(0.2)
・毎朝快調ヨーグルト(3.8)

糖質合計≒19g

糖質控えめパンは、糖質を減らすのに大きな効果がありますが、糖質量的には少なすぎるきらいもあるので、この影響が血糖値や栄養的にどう出るのか見極め、今後も継続していくか、どうかを決めていこうと思っています。

9/2(昼食)の献立
・ご飯80g(30)
・宅配の糖質低減食(エビカツ&ハンバーグ(10.1)
  ※家内はエビカツ食べず
・味噌汁-ほうれん草(0.5)

糖質合計≒41g

宅配の糖質低減食は、電子レンジで3.5分加熱するだけなので、とても簡単で助かりますが、ちょっと割高なので毎日というわけにはいきません。

9/2(夕食)の献立
・ご飯80g(30)
・納豆1パック(2.7)
・さんま1匹(0.1)
・サラダ-トマト1/4(1.8)、ブロッコリ(0.2)
・ひじき20g(1.3)
・味噌汁-ネギ(5)
・菊芋パウダー(0)

糖質合計≒41g

だいたい日々の糖質量をこんな感じにして、食事をするようにしています。

糖尿病の専門病院での食事指導

退院して4日目に「かかりつけ医」にしたい病院の診察を受けました。

診察の前に問診があり食事に関しては、上記の糖質量120g/日の献立概要を説明しご飯は1食80gにしていると話したら、ご飯は1食20g増やし100gにするよう指導がありました。

指導には逆らわないようにし、ご飯を増やし退院12日目に空腹時の血糖値を測定したら「162」となりました。

これは退院前(空腹時血糖値:130~150)とやや高く、私たちが作った献立はまったく効果が無かったことになります。

今後の献立対策

糖尿病専門病院の指導に従ってご飯を増やしたのが間違いだったのか、それとも他に問題があるのか、しっかり見直して対策しようと思います。

直ちにご飯は1食80gに戻すことを手始めに、更なる対策を考えます。

まとめ

退院前の空腹時血糖値は「130~150」、私たち家族は自宅療養でこれを下げるため、糖質量を1日120gを目標に献立を作りました。

退院4日目に糖尿の専門病院で診察を受け、食事指導によってご飯を80g/1食から100g/1食に増やし、1日の当質量も120gから127gに増やしました。

そして退院13日目に血糖値を測ると、空腹時で162になり退院前よりやや高めになりました。

そこで、ご飯は元の80gに戻して、さらに次の手を打つべく考え中です。

自宅に戻り血糖値は管理することが、こんなにも難しいとは思いもしませんでしたが、看護師が言っていた再入院80%はあながち間違いではないような気がしてきました。

これは本腰を入れて取り組まないと大変なことになると、改めて思いました。

以後、また経過を記載していきます。

【関連記事】
・血糖値の自己測定と食事の糖質コントロール-問題点も幾つかあり

・血糖値測定用の針&チップの廃棄-回収容器に入れて購入業者へ!

・下がり傾向の血糖値が上昇に転じた-原因はストレスと睡眠不足?