糖尿病の初期と診断され食事の見直しから始める-初期症状は?

家内の糖尿病介護に追われている内に、あろうことか私も糖尿病(初期段階)になってしまいました。

糖尿病で自宅療養を続けている家内は、血糖値の自己測定を行い食事の献立に反映していますが、私も時々ですが測定をするようにしていました。

測定を開始した9月中旬の空腹時血糖値は「122~126」でやや高く、要注意だなと思いながら生活していましたが、10月初旬に「160」が出たので慌てて糖尿病専門医の診察を受けて判定されたのです。

スポンサーリンク

糖尿病初期と診断されるまでの空腹時血糖値(自宅で測定)

自宅での空腹時血糖値の測定結果と糖尿専門医院で糖尿病初期と診断されるまでの検査結果は以下のとおりです。

測定初期(10/14~10/20):122~126
第3週目(10/28~11/03):143~160
第4週目(11/04~11/10):134~141

以上の結果に驚き、家内がお世話になっている「かかりつけ医(糖尿専門医)」の診察を受けました。

その検査では、空腹時血糖値が「139」、HbA1c(NGSP基準:4.6~6.2):7.3となり、糖尿病初期と判定されたのです。

そして、食事及び生活の指導をされ、薬の処方は無く診察が終わりました。

糖尿病初期に症状は出ているのだろうか?

一般的に糖尿病初期の症状として次の項目が上げられるが、自分はどうか確認してみました。

・体が疲れやすくなっているか?
 無い

・体重が異常に減ってはいないか?
 3kgぐらい減っているが食べる量を減らしたからだと思う

・足や手に痛みやしびれあるか?
 足及び手にしびれは出るが、腰痛と首の要因と思われる

・皮膚の乾燥やかゆみがないか?
 特になし

・頻尿になっていないか?
 午後の3時頃から8時ごろまで頻尿になるが、その他の時間帯は無い

・多尿はないか?
 無し

・汗を頻繁にかかないか?
 無し

・のどが渇かないか?
 無し

・ED(勃起不全)になっていないか?
 75歳だけどまだ大丈夫です ^^

これからみれば殆ど症状は出ていないように思います。

糖尿病になってしまった原因を考える

家内の糖尿病介護をしていて自分も糖尿病になってしまうとは、誠に情けない結果になってしまいましたが、自分のことは全く注意しなかった油断が原因だと思います。

ただ、もっと具体的に原因を考えると今後の改善策も見えてくると思うので、思いつくまま書いてみたいと思います。

食事の内容がアンバランスになった

一番大きいのは食事面の変化ですが、これは今年の2月末に家内が糖尿病合併症で入院し、食事は自分で作らなければならなくなったことです。

今まで殆ど家内任せにしていたのを自分で作るには、食事の内容不足になってアンバランスな食事になってしまいました。

食事の準備、後始末、洗濯、そして病院(最初の1ヶ月は往復2h、その後は転院して往復1h)への着替えなどの届けなどで、食事作りが面倒で簡単になってしまいました。

・野菜使った料理を作るのが面倒で野菜不足
・カロリーを摂るために、ご飯を増やした
・時々ですがまんじゅうを食べていた
・果物を摂るの減り、オレンジジュースのみに

これらが血糖値の上昇に繋がったと思われる。

大幅な運動不足に陥る

家内が元気な頃はゴルフをやっていて、打ちっぱなし練習、日々の素振りやストレッチ、コースプレイなどで1年中汗を流していた。

それが家内の入院、自宅療養で長時間の外出が出来なくなり、ゴルフは一切辞めて運動量が大幅に減ってしまった。

やはり運動の汗が減ることは、新陳代謝の促進にはマイナスでありこれも原因の要因と思われる。

ストレスが増えた

これまで殆どやったことが無い食事作り、洗濯、そして家内の介護などでストレスが増え、特に家内が自宅に戻ってからは、我が儘が出てきてストレスが増えた。

ストレスは血糖値を上げる要因の一つでもあり、これも血糖値を上げたのではないかと思っている。

血糖値を下げるための行動

血糖値を下げるために、上記の原因と思われる項目から改善していくことにしました。

食事の見直し

・殆ど作らなかった野菜料理を増やす(キャベツ、しいたけ、もやし炒め)
・ご飯は1食100~120gに減らした(以前は140~150g))
・間食はいっさいやらない
・オレンジジュースはやめてミカン、リンゴなどを食べる

運動不足とストレス対策

家内の介護をしながらのこれらの対策は、高齢もあり非常に難しいですが、少しずつ努力をしていくしかないと思っています。

まとめ

今年の2月末に家内が糖尿病合併症で入院、8月末に退院して自宅療養となり、我が家の生活は激変しました。

その激変に戸惑い、自分の健康を疎かにしたせいで、夫婦揃って糖尿病になるとという愚かな体験をすることになりました。

ただ、幸いにも私は糖尿病初期なので、これ以上悪化させないように努力して、家内の介護が続けられるようにしていかなければと思っています。

また、経過報告をしていきます。

つづく